物理ドラムで行くグラストヘイムEDDA装備をぷち更新しました

2020年06月28日

物理ドラムの頭装備(剛勇とファンマス)

ねこです。

コツコツとメモリアルダンジョンをまわり、レアは出ませんが小銭がたまってきたので、装備更新に向けて色々妄想してみることにしました。




物理ドラムがつける頭装備として、「剛勇無双の紋帽子」か「ファントムオブマスカレード」がよく候補にあげられています。剛勇無双の紋帽子では必中を、ファントムオブマスカレードではDef無視(高Def特攻)をつけられるため、どちらも物理ドラムに相性がいいんですよね。

現在+9剛勇帽子をつけていまして、+10剛勇帽子の購入に向けて金策を続けていました。+10にすることでエンチャントできる「豪傑」(物理攻撃時一定の確率で10秒間ボスモンスターへ与えるダメージ+100%)が非常に強く、森羅万象の指輪をつけることでセット効果として遠距離攻撃+25%と火力アップが期待できるからです。同精練値のファントム帽と比較してお安いのも魅力。

しかし、精練祭を前に+9ファントムオブマスカレードの値段が下がってきており、グラストヘイムEDDAの実装により登場した装備により、私の中でファントム帽の株がぐんぐん上昇中なのです。

白の騎士団のねこじゃらしにつけることができるエンチャント「強剛」と既存エンチャント「熊の力」のセット効果で必中攻撃+30がつくのですが、これまでドラムの装備で熊の力をエンチャントできる装備が限られており、ドラムにとってはあまり縁のないものでした。

しかし、GHEDDAで熊の力をエンチャントできる(可能性のある)シュミッツの記章が実装されたことにより状況が変わってきました。このアクセと強剛のついた白じゃらしがあれば、頭装備をフリーにしたうえで必中100を達成できるようになります。めっちゃほしい!!!

ただ剛勇帽やファントム帽以外だとディレイカットが足りなくなりますので、それ以外の装備をつける場合は別装備でディレイカットを確保する必要があります。昨今ディレイカットは増えてきていますし、+7うりぼうシューズで70%のディレイカット、白じゃらしで20%のディレイカットがありますので、そこまで厳しい縛りではないかも。それ以上に詠唱調整が悩ましい…。まあ詠唱に関してはおいおい考えることにします。

というわけで計算機とにらめっこ。仮想敵はギミックを無視したいのでショタモロクこと再生の半魔神に設定しました。


+10剛勇帽子と森羅万象の指輪(ラトリオ様へのリンク)
※豪傑は未発動、猪突猛進はHP80kほどの状態で戦うことが多いため+80%に設定しています。
最小与ダメ1,112,498
平均与ダメ1,240,789
最大与ダメ1,372,063

+9ファントムオブマスカレードとシュミッツの強剛記章(熊の力)(ラトリオ様へのリンク)
最小与ダメ1,219,218
平均与ダメ1,346,361
最大与ダメ1,474,652
ファントム帽の方は熊の力と相性のいい時魔術師の指輪をつけています。

ファントムの方がダメージ大きくなりますね!ただアクセの方が理想値なため産出かなり厳しそう。。。というわけでアクセは熊の力以外すべて妥協のもので計算しなおします。

+9ファントムオブマスカレードとシュミッツの白雲記章(熊の力)(ラトリオ様へのリンク)
最小与ダメ1,133,385
平均与ダメ1,244,119
最大与ダメ1,355,541

これでも剛勇帽よりほぼ上ですね!記章はいったん妥協エンチャントでもいいかも。

ただ剛勇帽では豪傑が発動するとダメージが跳ね上がります。発動率はそこまで高くないとの噂ですが、豪傑の爆発力は魅力。一方でファントム帽の装備でも熊の力による爆発力が期待できますが、被ダメージ時に変身であること、ビッグフットへの変身によるスキル連打への影響が未知数なところが懸念材料です。

気になるお値段ですが、未所持のみを算出すると
※6月28日現在

+10剛勇帽:6G

+9ファントム:4.5G
熊の力記章:1G
時魔術師:500M

どっちも6Gくらいは見ておかないとですね…。でもファントムを使うのであれば森羅万象の指輪がいらなくなるため、売却した場合700Mほど資金のプラスが見込めます。

どちらにしてもすぐに手が届くお値段ではないので、装備の更新は当分先のお話にはなりますが、こうやって妄想すると金策へのモチベーションが高まりますし何より楽しい!

現状、いろいろな装備部位がフリーとなるファントム帽に気持ちがだいぶ偏っています。金策頑張ろう…。

ねこでした。




anotenokonote at 14:17│Comments(0)RO 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
物理ドラムで行くグラストヘイムEDDA装備をぷち更新しました